ブログ

しあわせセラピー48

こんにちは。まるかんキラキラ光が丘店の後藤恵理子です。

 

家族と子供のための人生から、あなたが主役の人生へ!

あなたらしく、健康で美しく輝く明日を全力でサポートいたします。

 

 

今日も大切なあなたに

一人さんからの素敵なメッセージを贈ります

 

☆しあわせセラピー☆   

自分たちがふだん生きてる場所って、仕事をしたり、いろんな人と知り合っていろいろ学べたり、畑だったらいろんな作物がとれたりする、いい場所だよね。   

でも、上司のカミナリとか、奥さんのカミナリとかが、落ちてくることもある。   

それから、ふだんいる場所というのは、イヤシロ地に対して、ケガレ地といってね。

生きていると、人のしがらみや悪い感情で心やからだがけがれる。   

心のエネルギーが失われてきちゃうときもある。   

あとさ、生きてると、「いっちょ、やってやるか!」って奮起して、気合いをいれてやらなきゃいけないときもある。   

そんなとき、心のエネルギーが減ってきたり、「もうちょっと、いいエネルギーが欲しいな」ってときは、神社に出かけて行くといいんです。   

神社っていうのは、魂のお医者さんというのか。エネルギーをもらえるという捉え方でいくと、「気」のお医者さんみたいな場所なんです。   

元気の「気」をもらえる場所。   

ただ、そういう場所って、ふだん自分たちが生きてるケガレ地のすぐ近くでは、そうそう見かけない。   

めったやたらと行けません、っていう人が多いと思うんです。   

そういう人は、どうするか。   

ほら、御神木って、木でしょ。   

「一人さん、なにをいいたいんですか?」って、はるか昔の日本には、言葉はあったけど、文字がなかったんです。   

それで、木は「き」っていうじゃない?   

実は、木も、元気の「気」も同じ意味なんです。   

だから、気が衰えてきたとき、木のあるところへ行けばいい。   

大木のとこへ行けばいいんです。   

森のなかを散策したりする森林浴っていうのが、今、流行ってて、ヨーロッパのほうでも結構さかんに行われてるんだけど。   

木も、気も同じ「き」なんです。   

昔の日本人は、デカい木のあるところに行って、「き」をもらって、そういうところを大切にしたんです。   

だから、神社に行けなかったら、そういうところを探して行けばいいよ、ってことです。   

ただ、デカい木も、都市開発やなんかで、最近、減ってきちゃってるからね。   

だから、ひょっとしたら、人間がイヤシロ地になるのが、一番いいのかもわかんない。   

周りの人に元気の「気」を与え、魂をいやす、イヤシロ人間になる。 

そういう人って、世間の人からしたら貴重だよ。   

みんなに喜ばれて自分もうれしくて、スゴくいいよ。   

斎藤一人 著   
『愛される人生』より

 

 

 

 

ホームページができました。ネットショッピングもできます。

下矢印     下矢印       下矢印

http://www.marukan-hikarigaoka.com

 

 

 

 

 

 

 

 

「45才からますます輝く!ウィズエイジング7日間講座」

下矢印  下矢印   下矢印

無料メルマガのご登録はこちら

メルマガご登録者様限定、買い物をして、30ポイントで

サプリメントランチご招待券プレゼントを始めました。

白光カウンセラー

パワープレゼント 無料

カウンセリング 10,800円

予約」受付中

03-3976-7863

090-1202-4549

 

まるかん光が丘店では、斎藤一人さんの大きな愛から生まれた

質の良い健康食品や化粧品を取り扱っています。ラブラブ

 

 

お肌のお悩みありませんか?

美開運メイクレッスン 受付中

メイクレッスン 10、800円

 

ナチュラルなのにつやがある

幸せを運ぶ魔法のメイクです。

商品・美開運メイクのお問い合わせ

下矢印     下矢印    下矢印

東京都練馬区光が丘

03-3976-7863

090-1202-4549

https://www.reservestock.jp/page/inguiryfom/30534

houtenghuilizi61@gmail.com

繋がらない場合、必ずこちらからかけ直しいたしますので、

お手数ですが、留守番電話にお電話番号のご連絡ください。

ご注文の商品は、全国どこでも

配送いたします。

 

今日は、しあわせセラピーのご紹介をしました。

 

最後までお読みいただいてありがとうございました。ラブラブ

感謝しています。ハート

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る