ブログ

天皇陛下の四方拝、国民への想い

今日は、平成最後の天皇誕生日

以前、小林正観さんの本の中で

天皇陛下が四方拝で

国民を思う、無償の愛を知りました。

感動で涙が止まりませんでした。

天皇が神々に、

「(国家国民のありとあらゆる厄災は、

 すべて私に先にお与えください」と祈られるのです。

 

こんな祈りをされていることを

どれだけの国民が知っているのだろう?

天皇陛下の大きな愛に

心から感謝します。

 

四方拝について詳しく書かれている

ブログを見つけました。

大切なあなたにもお伝えします。

 

******************

陛下の四方拝

テーマ:

来年の4月30日、今上天皇、

明仁さまが退位することが決まっています。

 

平成も、31年で終わりになります。

 

 

そこで、今日は、陛下の四方拝ということで、

 

私たち一般国民にはあまり知られていない、

陛下の年の初めの儀式について

書きたいと思います。


四方拝(宮内庁書陵部蔵)

これは、小林正観さんと、

東京大学医学部名誉教授の

矢作直樹さんが教えてくださった内容です。

四方拝(しほうはい)とは、

毎年元旦に、天皇陛下が行われる行事のことです。

まだ夜が明けない早朝、

陛下が特別の建物に入られ、

四方の神々をお招きして、そこで祈りを捧げられます。


四方拝

 

そして、ここが大変ショッキングなのですが。。 

 

その祈りの内容です。

もし今年、日本に災いが降ってくるのであれば、

 

まず私の体を通してからにしてください

という祈りなのです。

正観さんは、普通では考えられない。

60年間生きてきて、

人生最大のショックだった言葉・・と言われました。

もう少し、この四方拝について詳しくご説明します。

 


四方拝

 

<転載開始> 転載元

先日、矢作直樹先生のご講演を聞く機会があり、

そこで先生が四方拝についてお話をされていました。

あまり知られていないことでもあり、

大切なことでもありますので、

私からも少し四方拝について述べさせていただこうと思います。

四方拝(しほうはい、よほうはい)は、

毎年元旦に天皇が行われる行事です。

まだ夜が明けない早朝、天皇が特別の建物に入られ、

四方の神々をお招きして、そこで祈りを捧げられます。

どのような祈りかといいますと、ちょっとショッキングです。

天皇が神々に、

「(国家国民のありとあらゆる厄災は、

 すべて私に先にお与えください」と祈られるのです。

少し詳しく述べます。

知らす国において、

天皇は臣民を代表して神々と繋がる御役目です。

その天皇が神々に、

 

「ありとあらゆる厄災は、

すべて我が身を通してください」と、

 

年のはじめに神々に祈られるのです。


四方拝にちなんだ舞

 

お招きされる神々は次の通りです。

伊勢神宮(皇大神宮・豊受大神宮)
天神地祇
神武天皇の陵(みささぎ)
先帝三代の陵(明治天皇、大正天皇、昭和天皇) 
武蔵国一宮(氷川神社)
山城国一宮(賀茂神社)
石清水八幡宮
熱田神宮
鹿島神宮
香取神宮

香取神宮

そして次のように祈りを捧げられます。

賊冦之中過度我身
毒魔之中過度我身
毒氣之中過度我身
毀厄之中過度我身
五急六害之中過度我身
五兵六舌之中過度我身
厭魅之中過度我身
萬病除癒
所欲随心
急急如律令


伊勢神宮

要するに

あらゆる災害は、

 

民衆がその厄災を受ける前に、

 

まずは、我が身を通してください。

陛下は、新年のはじまりにあたって、

 

誰よりも早く起きて、

ありとあらゆる厄災は、

自分の身にこそ降りかかれ。

そして万病が取り除かれ、

 

民が癒やされるよう

自分の心は神々のまにまにあるのだから、

 

厄災は我が身にのみ先に降りかかれ、

と祈られているわけです。


鹿島神宮

その厄災とは何かといえば、

「賊冦、毒魔、毒氣、毀厄、五急六害、五兵六舌、厭魅」です。

「賊冦」は、危害を加えようとする悪い賊です。
「毒魔」は、この世に毒を撒き散らす魔です。
「毒氣」は、人に害を与える悪意です。
「毀厄」は、人を傷つける苦しみや災難です。

四方拝では、陛下が神々に、

「これらの厄災は、

 

すべて我が身に先に

振りかかるようにしてください」と祈られるわけです。

 

年のはじめに

神官のなかの大神官であられる陛下が、

 

臣民を護るために、

ありとあらゆる厄災は、

すべて私を通してください」と

 

神々をお招きして祈られるのが、

四方拝であるわけです。

世界中に、王や皇帝と名のつく人は、

古今東西、歴史上枚挙に暇がないほど、数多くいたし、いまもいます。

けれど、それらすべての王侯貴族は、

 

ことごとく「支配者として君臨する人」です。

これを古い日本語で「ウシハク」といいます。


 

 

ところが日本の天皇は、

 

神々の御意思を臣民に知らし、

 

神々の大御宝である臣民の

豊かで安心して安全にくらしたいという思いを

神々にお伝えする役割です。

つまり天皇は支配者ではなく、

 

無私の大神官です。

 

 

その天皇を頂点とする体制を、

これまた古い日本語で、「シラス(知らす、Shirasu)」といいます。

ですから知らす統治のもとでは、

民衆が神々の「たから」です。

神々のたからであるということは、

 

民衆に国家として最高の尊厳が与えられているということです。

 

つまり究極の民主主義といえる統治が、

シラス(知らす、Shirasu)ということができます。

日本のカタチは、神話の昔から、

 

このことを基本としてできあがっています。

<転載終了>

小林正観さんや、矢作直樹さんが、ビックリするのもうなづけます。

私には、とてもできません。

現在の陛下は来年退位なさります。

そして皇太子のお話も

先日報道されていましたが、

 

相当に謙虚で真剣なお覚悟でした。

陛下のお人柄や、行動からにじみ出てくるものは、

 

本物であると思っています。

尊敬もしています。

私たちの日本には、そのように

 

他の国には類を見ないような

 

穢れなき、尊い気概が満ち溢れていました。

 

どうか、私たちの日本が、

これ以上の人心の乱れがありませんように、

縄文の時代の時のように、

神々とともに人々が、いられますように・・

 

 

************************

 

最後までお読みいただいて

ありがとうございました。

 

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

平成30年も残りあとわずか

お身体に気をつけてお過ごしください。

 

 

あなたの幸せを心から願っています。

 

 

 

ホームページができました。ネットショッピングもできます。

下矢印     下矢印       下矢印

http://www.marukan-hikarigaoka.com

 

 

 

 

 

 

「45才からますます輝く!ウィズエイジング7日間講座」

下矢印  下矢印   下矢印

無料メルマガのご登録はこちら

メルマガご登録者様限定、買い物をして、30ポイントで

サプリメントランチご招待券プレゼントを始めました。

白光カウンセラー

パワープレゼント 無料

カウンセリング 10,800円

予約」受付中

03-3976-7863

090-1202-4549

 

まるかん光が丘店では、斎藤一人さんの大きな愛から生まれた

質の良い健康食品や化粧品を取り扱っています。ラブラブ

 

 

お肌のお悩みありませんか?

美開運メイクレッスン 受付中

メイクレッスン 10、800円

 

ナチュラルなのにつやがある

幸せを運ぶ魔法のメイクです。

商品・美開運メイクのお問い合わせ

下矢印     下矢印    下矢印

東京都練馬区光が丘

03-3976-7863

090-1202-4549

https://www.reservestock.jp/page/inguiryfom/30534

houtenghuilizi61@gmail.com

繋がらない場合、必ずこちらからかけ直しいたしますので、

お手数ですが、留守番電話にお電話番号のご連絡ください。

ご注文の商品は、全国どこでも

配送いたします。

 

 

 

最後までお読みいただいてありがとうございました。ラブラブ

感謝しています。ハート

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る